fc2ブログ

記事一覧

現状の結論

私は、この原発の問題を解釈する上で、新聞や小出裕章さん(京都大学)、武田邦彦さん(中部大学)この2人の情報を中心に情報を集めていた。

この二人は、マスコミに滅多に出ない。なぜならば、原発が推進されていた時代に異端児扱いされていた人物だからだ。要は番組に出ると余計なこと(東電や行政にとって不利なこと)を言ってしまう可能性が高い。マスコミの多くは、スポンサーに支えられている。その代表が東京電力であるのだから、東京電力をバッシングすれば、CMが減少して収入が減ってしまう。過去に受けた恩恵もある。

マスコミからすれば、本当のことを言ってしまえば、スポンサーが減り、政府から睨まれることになる。よって正確な情報が流れない。流しようがない。これは、おかしいのではなく自由経済である以上仕方のないことなのかも知れない。

マスコミはTVだけではない。新聞社はTV局とつながっている。お互いが株式を持ち合っているか、片方が大株主である。これでは、新聞が自由なことを書ける訳がない。よって新聞を鵜呑みにしていけない。

東電の株主に東京都と言う株主がいる。東京とは、東電を守らなければならない。東電の株は、都の資産の一部である。よって本当のことを東京都や行政が伝えることはないと思われる。

また、国が行っている年金の運用に東電がある。その為、100%減資(東電の倒産=国の管理)の可能性は非常に低いと思われる。もしやったとすれば、タダでさえ破綻しそうな年金の運用に大きなマイナスが発生してしまう。これは出来ない。そう考えれば国が本当のことを伝えくれるだろうか?

天下りの問題、大学への助成金を考えても東電や政府や大学の癒着も考えられる。
今までの政府・マスコミが伝えてきた情報の大きな流れをみれば、このようなものが見えてくる。

そこでこの二人「小出裕章さん(京都大学)、武田邦彦さん(中部大学)」の情報を見るとマスコミとどちらが正しい情報の可能性が高いかが分かるかもしれない。

私は、危機感をあおりたいとは思わない。ただ、情報が偏っているのでこの文章を書いている。情報開示に対しておかしいところをいくつか挙げてみたい。

1.汚染水海洋投棄の情報の中で、ヨウ素、セシウムの情報はあるが、ストロンチウムとプルトニウムの情報がない。よって海洋汚染の本当の情報がない。
2.世界で年間1ミリシーベルトが標準なのに、この事故で日本人だけその数値が増えている。現場に行く人間の上限は、250ミリシーベルトになった。
3.コウナゴだけ食べる人間はいない。
4.米国民の退避の距離は80キロ以上のまま。
5.「直ぐに影響が出るレベルでない」の言葉がやたら多い。これは、「いつか出るかも知れない」の言葉が隠れている。なぜならば早くて子どもは、5年後、大人は20年後に症状が出始めるからだ。(チェルノブイリのケース)

これだけではないが、おかしな点がたくさんある。年間1ミリシーベルトで10万人に5人がガンになると言う。
一億人で5,000人(年間)人生が80年で40万人と言う計算になる。では、1年間に100ミリの場合、10万人の子供あたり500人がガンになるとすると、一億人で50万人。80年で4000万人がガンになる計算。40%が原発の影響でなくなる計算になってしまう。浴び続けることと日本全土ではありえないが、原発に近い場所では、住み続けた場合、この計算が本当に成り立ってしまうのである。

そこに長生きが出来る子どもたちがいることが考えられるだろうか?一刻も早く連れ出す様に国は動かなくてはならないと思う。

ただ、これは国や世界での標準的な数値である。これも大学の先生によって色々意見が分かれる。一時的であれば、回復可能説と回復不能説に分かれる。

これに関しては、素人には良く分からないが、ガンになるのは、放射能を浴びると染色体がおかしくなるのが原因らしいが、染色体も自分がおかしいと気付くと自死するように設定されているので、おかしくなった染色体は増殖しないように出来ているという人もいる。よって回復が可能と言うのである。子どもの細胞分裂は大人に比べると多い。よって危険度が高いということになる。

ただ、浴び続けると回復のしようもない筈。内部被爆がその典型。ヨウ素は半減期が8日と言うことなので良いが、ストロンチウム、セシウム(種類による)は30年。プルトニウムは数万年。

内部被爆で代表的なセシウムは、カリウムと勘違いされ、ストロンチウムは、カルシウムと勘違いされて体に残るという。そうだとすると、日本人は、小魚を食べてカルシウムを補給しようと考える。このように考えると、海洋汚染のストロンチウムの数字が東電や国から出ないことが不安でならない。もちろん、食物連鎖されるに決まっている。

海洋汚染が終わったかのようなことを言っているが、地下水は、海に流れ続けている可能性は高い。コンクリートを一箇所塞いでも、海面の下は確認ができない。

しかも事故は進行中。チェルノブイリでもメルトダウンはマックス10日らしく、福島は1ヶ月以上続いている。超最悪期は脱しているが、最悪期は進行中とのこと。

とにかく自分と家族の身は自分で守るしかない。

小出裕章さん(京都大学)、武田邦彦さん(中部大学)この2人の情報を検索するなりして、お調べになることをお勧めしたい。全ては、自己責任で考え、行動して下さい。

ちなみに今の私の方針は「最悪への準備をして、日ごろの生活を楽しく、いつも通りにする。」です。

学習塾ペガサス花水校(平塚)の情報!
塾の方針や月謝はこちらをご覧ください!!↑↑↑↑

最新の生命保険(生保のからくり)お勧め生保ランキング!
元トップセールスマンが本当の実情を明かします!!↑↑↑↑

ジェットプリンタサプライはプリンターヘッドとインクの専門店!
キャノン製純正プリントヘッド・高品質詰替えインクのお店です!!↑↑↑↑

命名・名づけをしっかりして、お子様の将来を明るくしよう!
命名(名づけ)に必要な最低限のノウハウです!!↑↑↑↑

    -------------------------------------------------------------------------------------


    ⇑⇑⇑⇑       ⇑⇑⇑⇑
    ①お子様の成績UP術
    ②最新の教育研究
    を日々チェック!


    -------------------------------------------------------------------------------------
    ☆子育て世代の方への
     無料メールマガジン
    -------------------------------------------------------------------------------------

    保護者さまが、心の中に少しでも

    ・今通っている塾に疑問がある
    ・学習塾ってどうなの?
    ・教育教材ってどうなの?

    とか思われるのであれば、
    無料のメールマガジンを
    読んでください。

    思われていることの全てが、
    きっとスッキリすると思います。

    学習塾を経営している
    「教育資金を使わせる専門家」が、
    教育業界の隠された闇の部分を
    こっそりお教えいたします。


    ◎学習塾を経営している一風変わった
    ファイナンシャルプランナーとして、
    他の専門的な知識についても記載しております。
    先生メルマガ
    中学生でも理解できる様に噛み砕いて
    解説しておりますので、結構分かりやすいと評判です。


    そんな情報も合わせて生活にご活用頂ければ嬉しいです。


    ☆無料メルマガだけの特別コーナー☆
    1.全国のどなたでも実践可能な
    フロントローディング学習
    (飛び級)の具体的なチャレンジ法!
    2.勉強が苦手な生徒の復活実践法!
    3.コスパを徹底追求し尽した教材活用法!



    記載例
    <メルマガの目次(予定)>
    ①塾業界の実態
    ②お子さまには時間がない
    ③学習塾の違いについて
    ④そもそも学習塾って必要なの?
    ⑤学習塾にするタイミング(小学生)
    ⑥学習塾にするタイミング(中学生)
    ⑦自分よりもお子さまが勉強できない理由は?
    ⑧普通の学習塾ってどうなの?
    ⑨低学年から英会話って必要?
    ⑩自習室って必要?
    ⑪塾に行きたがらない姿は普通なのか?
    ⑫お子さまから「行きたい」という塾って?
    ⑬昔と今の違いを知っておこう
    ⑭学習塾選びにネットランキングはどうなのか?
    ⑮個別指導塾でやってはいけないこと
    ⑯環境作りを気にしているか?
    ⑰塾に通っている保護者様から聞きだすことは?
    ⑱塾選びの際に聞くべきことはただ一つ
    ⑲塾の立場になって塾を選ぶと
    ⑳入塾時にやっていることをみれば塾の良し悪しが直ぐにわかる

    ※上記の目次は一部にすぎません。


    そんな無料メールマガジンですが、
    ご活用いただけたら嬉しいです。


    タイトル:
    「どこかで誰かのヒロインになれ!」


    それぞれの世代お子さま向けに、その年齢で
    出来る対策などを細かく書いていますので、
    対象の年齢をクリックなされてご確認ください↓

    ==============================================
    <メルマガ会員の様からの応援メール>
    1:2019/02/7 (木)
    愛知県 N.N様
    こんにちは。
    いつも楽しみに読ませて頂いてます。
    ありがとうございます。

    うちには小2と2歳、二人の娘がいます。
    奥脇先生のメルマガを見始めてから、
    お陰様で親として教育の概念が
    急激に変わってきました。

    勉強になる内容ばかりですが、
    特に「なるほど!」と思ったのは、

    ・飛び級の重要性
    ・大手教育関連の多くは現学年に
    沿った学習しか出来ない

    ここはどう進めていくか、妻とも
    話し合っています。今までは、
    授業の予習と復習に時間を
    割いてきましたが、学校から帰り、
    就寝時間までのタイムスケジュールを
    見つめ直し、どう先に
    進めるかを考えていきます。

    幸い、今の授業内容に遅れを
    とっている感はありませんが、
    先を見ながらも自由時間や睡眠時間
    とのバランスも大切ですよね。

    下の娘への教育も含め、これからも
    参考にさせて下さい。

    今まで一度も返信せず、失礼しましたが
    毎回必ず読ませて頂いてます。

    これからもお願い致します。


    この様にお喜びの声も
    いただいております。
    ブログやツイッターなどオープンでは
    書けない情報も順序だててご紹介して
    おります。

    難しいと言われる専門的な研究結果
    などもできる限りわかりやすい言葉で
    解説をさせていただいております。



    対象の年齢をクリックなされてご確認ください↓

    ==============================================

    ☆食育に関しては
     この一冊で十分でしょう!
    -------------------------------------------------------------------------------------

    世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事


    エビデンスの研究を基に書かれた
    本当に究極と言える一冊です。

    -------------------------------------------------------------------------------------

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

←こちらで「奥脇紳五」をフォローできます!fb←お友達申請大歓迎です!

プロフィール

塾長 奥脇 紳五

エンドレスラーニング



通称名:奥脇紳五(オクワキシンゴ)

(本名:奥脇真吾←資格・法人代表時の名前)
会社名:㈱エンドレスラーニングバンク
実業:エンドレスラーニング経営 
完全リモート型
オーダーメイド式個別指導学習塾

有価証券等投資歴:20年以上
生命保険外交員歴:約6年
資格:FP技能士2級
目標:子どもたちが目標を持てる社会を作る
   ヒーローになる
実績:10年連続第一志望校全員合格
   ヤフオク出品約2100件連続[悪]評価なし
   プルデンシャル生命保険新人研修講師
出身:神奈川県平塚市
職歴:魚屋→お風呂屋→保険屋→学習塾/現在:塾長
経験: ママチャリで日本一周(131日間)
出版書籍: 生命保険バイブル

最新記事