fc2ブログ

記事一覧

お世話になった方々

十四年前、私は、ママチャリで日本一周をした。日記を見直してみると震災を受けたところを見事に通っている。だいぶ過ぎているとはいえ、タイミングが悪ければ、確実に被災者である。泊まった場所、行った観光地、出会った人々、今は大変なことになっているに違いない。とても良くして頂いて、今も年賀状を交換している方もいる。元気にしてくれているだろうか。そんな数日間の日記をアップしたいと思う。

<7/24(六日目)>

昨年は平塚から仙台まで三日のハイペース。二日目はなんとママチャリで180キロの走りを見せた。

あれは奇跡だね。

一生あんなことはしたくないと思っていたのに今は仙台。

実質四日だけれども。まるで妊婦さんみたいだね。親切にしていただいた本山さんと別れ出発。とりあえず、仙台港の方に向かうことにした。昨年は四号線の北上だった。

今年は三陸、北陸を目指す。地図がなかったので遠回りをしたかもしれなかったが一時間半位で到着。そこで太公望とそれを見に来たおじさんと話をしたところ、ホヤを食べてみろ。と言われた。近いうち食べてみようと思う。

そこから北上して塩釜を通り日本三景の一つである松島に行く。噂通り綺麗であるが人が多いのが少々気になる。バスの観光客に紛れてガイドの説明を聞いていたときのこと、突然携帯電話が鳴り出した。これでは情緒も何もあったモノではない。観光地では自分だけでなく他の方々の迷惑にもならないよう電源は切った方がよいなあ。

反省反省。

長い橋を渡り離れ島に行った。そこまでは良かったが迷子になりかけた。自分が何処にいるのか考えなければ、迷子になることはないがそうはいかない。そんなこともあり、13:00~16:00辺りまで松島にいたので急いで石巻に向かう。以外と鳴瀬の登りがきつかったが、登り切ったところの広場からの景色は夕焼けもあり、

金曜ロードショウ

の始めの音楽の景色のようだった。それから少し行ったところで「奥の細道歩き隊」に会った。話しかけたが、彼等は彼等の世界があるようで軽くあしらわれてしまった。

そろそろ、ねぐらを探さなければならない。スーパーで鯨の刺身を買い。とても贅沢。醤油も買った。そして銭湯でテントを張るに良いところを聞き、そこにテントを張ることにした。それが神社。もう暗くなっていたのでしかたなかった。

遂にテントを張るときがやってきた。新しいテントだったので張り方が分からない。暗い中で説明書を読む。

ふと気づくと近くのベンチでカップルがいちゃついていた。人が苦戦しているって言うのに何しとるんだお前らは。

「テントいいな」とか言っている。

じゃあ手伝え。

そう思いながら何とか完成。テントの中でご飯を食べ終えた頃には、カップルは消えていた。一人になるとやはり怖い。

南仙台(9:00)-塩釜-松島-石巻(19:00)


<7/25(七日目)>

 何だ!!!(@O@)!!!。

何でテントが揺れるんだ。(^^;;

起きるとテントの回りに多くの人の気配を感じた。「この中、人入っているのかな」どうやら子供達のようである。珍しいのだろう。テントを叩くガキもいる。「何やっているの止めなさい」と母親。ここで出ていったらどうなるか分からない。ここは静かにしているのが一番だろう。どんどん集まっているようである。すると

「新しい朝が来た。希望の、、、、。」

ラジオ体操か。テント初の朝からこれか。これからどうなるんだ。ラジオ体操が終わると人の気配はすぐになくなった。テントのチャックを開けて外に出ると2~3の子供が遊んでいるだけであった。朝食を食べ、歯を磨く。すると一人のおじさんが近づいてきた。

「どっから来たの?」

そう言われたって、こっちは歯を磨いているんだから。答えられないでしょ。すぐに口を濯ぎ「神奈川です」おじさん「遠くから来たんだね、自転車かい。」「はい」すると、どこかに行ってしまった。テントをたたむ。たたみ終わった頃、さっきのおじさんが戻ってきた。

おじさん「家で朝飯食べないか」

僕「えっ」

おじさん「もう、かみさんに支度させてるから」

そう言われると断れない。全てを片付けて付いていった。

誘拐。(^^;;

俺誘拐しても何の得もないしなあ。すぐに床屋さんに着いた。床屋さん(ロダン)の家主(畠山さん)だった。そしてre朝食を御馳走になる。昔、同じ所にテントを張っていた旅人がいてその人にも朝御飯を御馳走した。その子がとても良い子だったので。と言っていた。俺も良い子だったら同じ経験をする人が何時か現れるのだろうか。食べたはずだったが、何故か沢山頂いてしまった。明らかに大食いになっている。昼の分まで頂いた。有り難かった。

三年連続で行くと一生金に困らないと言う、金華山に向かう。牡鹿半島の鮎川に着いたのは良いが時間がない。鮎川の鯨水族館を急いで観てフェリーに乗る。 20分で金華山の上の神社まで行って戻って来なければならなかった。チケットも買わなくてはならなかったので、更に時間がない。自転車を引き、駆け上る。なんと8分で神社にたどり着いた。すぐにお参りをして下りてきた。

全く風景を楽しむ時間もなく少しもったいなかった気もする。そして女川行きのフェリーに乗る。気分が優れなかったがフェリーの中で少し寝たら治っていた。女川から雄勝までのアップダウンの多さときたら半端ではなかった。雄勝の公園で高校生と社会人の人に銭湯の場所を聞いたところその一人(高橋君)が「家に来ても良いっちゃ」と言ってくれたのでお世話になることにした。ここの地方の人たちの話し方はまるで、

うる星やつらのラムちゃんみたいで面白かった。

そして、殻付きのウニまで御馳走になった。今まで食っていたウニはウニではなかった。

石巻(10:00)-鮎川-金華山-女川-雄勝(18:30)


<7/26(八日目)>

雄勝町の高橋さんにお礼を言って出発。始めからアップダウンの連続だった。昨日に比べるとだいぶましであろうか。北上町に入り、川沿いを走る。北上川はとても優雅に流れ、疲れを癒してくれた。そして、鳥たちも何にしばられること無く自然に飛んでいた。

本当に来て良かった。

また志津川まではきつかったが、神割崎で休憩。更に進み潮吹き岩を観る。たまにしか上に昇らないので少々残念であった。写真を撮るタイミングが実に難しい。毎日自転車をこいでいる。

足は動いている。

しかし暇なのである。何を考えたらよいか分からなくなる。考えることのネタが無くなと困ってしまう。そういう時、私は歌を唄うか当たり前のことを考えるようにしていた。当たり前だと思っていたこと、そういうモノこそ奥が深かったりする。考え終わったところが結論なのだからこういう時にしかじっくりと考えるときはないのではないか。

忙しい時代ですから。(^^;;

たとえば、私という人間は決して優しい人間ではない。どうしたら優しくなれるのか。ところで優しさって何だ。こんな風に考えるようにしていた。

今日の結論。

「優しさ」とは、モラル(教育)から来るモノと経験から来るモノがあり。前者は子供の時にほぼ完成し。後者はこれから。等々。切りがない。こんなことを考えている間に体の方は気仙沼まで運ばれていた。そろそろ寝場所を探さねば。

魚屋に入り仙台港で勧められたホヤを買い。包丁がなかったので捌いてもらった。ちょっと行った所で植木いじりをしていたおじさんに銭湯の場所を聞いた。すると、「家でシャワーで良かったら浴びていけ」と言ってくれたのでそうすることにした。そのまま、その家に泊めてもらうことになった。一体どうなっているのか。東北の人たちが良い人が多いのか、それとも私がラッキーなのか。捌いてもらってからだいぶ時間が経っていたのでホヤの色がちょっと変わってしまっていた。

「こんなの買うんじゃない。」と小野寺さん

に叱られたが食べてみた。生まれて初めて食べたので悪くなっているかなど分からなかった。好きな味ではなかった。

雄勝(9:00)-北上-志津川-気仙沼(18:30)


<7/27(九日目)>

小野寺さんにちょっとした地図(東北道の地図)を頂いた。あまり細かくはないがそれなりの観光地などが載っていたのでとても助かった。お礼を言って出発。仙台の本山さん(五日目)が確か碁石岬は良い所だぞ、と仰っていた大船渡にある碁石岬を目指す。陸前高田を越え碁石浜には着いたものの碁石が転がっているような浜であって岬がない。

ここが碁石岬か。(?_?)

まあ人には色々な感覚があるから本山さんにはここが素晴らしかったのだろう。その浜でバーベキュウをしていた子供会の人たちに昼御飯を頂き、話しているのだけれどあまりにも方言が強い。東北に入って言葉の違いに慣れてきたとはいえ、分からないことが多かった。奥さんと話していたが分からないときは旦那さんに通訳してもらっていた。同じ日本人なのに変なものである。

「投げる」は「捨てる」

という意味だそうだ。面白い。碁石岬のことを聞くとすぐ上にあるよ。と言っていた。お礼を言ってから行ってみると、断崖になっていて少し怖いけれど、とても綺麗なところだった。ここか言ってたのは。確かに素晴らしい。今まで見た光景のの中で一番かもしれない。釜石を目指すが、ここからが大変アップダウンばかりである。峠らしいものを三つ越えた。その中の三陸峠がすごかった。自転車は三陸峠のトンネルを通ってはいけないので、10%の坂を2キロ近く登らなくてはならなかった。なんで、自転車が通っては行けないのか?

日本道路公団めもっと考えて道を作れよ!(-O-)/

これらの峠を全て足すと箱根レベルであった。今日は凄く長いトンネルも通った。2.3~4キロ程あり、走っても走っても出口が見えてこなかった。やっとデカイ観音様が見えてきた。釜石市街地で銭湯に入る。私はいつも銭湯で洗濯をしていた。本当はしてはいけないことなのだが、洗う量が少なかったので怒られる事はなかった。洗い物は、Tシャツ、パンツに短パン。靴下がないのが良い。ビーチサンダなら靴下いらずで、水陸両用なのである。洗い方であるが、タオル代わりに Tシャツを使って体を洗う
のがポイントでこれならば、一回でTシャツと体が洗える。石鹸も無駄にならない。

生活の知恵。

その後、パンツと短パンを洗えばOK。愛の浜の手前の物流センターの駐車場にテントを張る。コンビニのおにぎりを食べていたら、トラックが帰ってきた。ここにいると危険らしいのでテントを動かして寝る。今日は全てが凄かった。

気仙沼(9:00)-大船渡-釜石(19:00)


<7/28(十日目)>

釜石にある物流センターを出発しようとしたら、トラックのおじさんが「宮古まで行くからノッケテってやろうか?」と言ってくれたが、

それでは、インチキなので断った。(-_-;;

そのおじさんにジュースを御馳走になり出発した。釣りバカ日誌ででてきた愛の浜に行く。思ったよりも大したこともなっかた。山田町を経て宮古に向かう。

昨日に比べると楽ではあるものの比較するモノが凄すぎる。浄土ヶ浜に到着。そこで水族館を見た
後、観光フェリーに乗るそこで、ウミネコにパンをやったりした。ちょっと曇っていて景色があまりハッキリ見れなっかた事は残念だった。毎日思うのだが、観光地と呼ばれる所はヤロー一人で来るところナノか?羨ましい。浄土ヶ浜の売店で、ちょっと早めの夕食にウニ丼を食べた。

これがなんと、1500円もした。

しかし、前に食べた、高橋家のものには比較にならなかった。舌がこえてきたか。ところで、ここの浜は実に白く綺麗で、本当に浄土といった感じだった。テントでもはるか。そう思いテントを張っているとここは国立公園内だからダメだと叱られてしまった。

しかたなく、2~3キロ北上しどっかの空き地にテントを張ることにした。近くの公民館みたいな所に水道があったので、生まれて初めてではあったが、そこで体を洗った。まだ明るかったが実に人通りが少なく、現地の方に見られることはなっかた。しかし、自動車の音などするともう大変、水道を止めて静かにやり過ごす。

人間は追いつめられると何でも出来るものだなあ。

慣れというか、どうにか何処でも生きて行けそうである。早く寝て明日もがんばろう。う~ん星が実に綺麗だなあ。

釜石(8:30)-山田-宮古(18:00)

長々とお読みいただきありがとうございました。

学習塾ペガサス花水校(平塚)の情報!
塾の方針や月謝はこちらをご覧ください!!↑↑↑↑

最新の生命保険(生保のからくり)お勧め生保ランキング!
元トップセールスマンが本当の実情を明かします!!↑↑↑↑

ジェットプリンタサプライはプリンターヘッドとインクの専門店!
キャノン製純正プリントヘッド・高品質詰替えインクのお店です!!↑↑↑↑

命名・名づけをしっかりして、お子様の将来を明るくしよう!
命名(名づけ)に必要な最低限のノウハウです!!↑↑↑↑

    -------------------------------------------------------------------------------------


    ⇑⇑⇑⇑       ⇑⇑⇑⇑
    ①お子様の成績UP術
    ②最新の教育研究
    を日々チェック!


    -------------------------------------------------------------------------------------
    ☆子育て世代の方への
     無料メールマガジン
    -------------------------------------------------------------------------------------

    保護者さまが、心の中に少しでも

    ・今通っている塾に疑問がある
    ・学習塾ってどうなの?
    ・教育教材ってどうなの?

    とか思われるのであれば、
    無料のメールマガジンを
    読んでください。

    思われていることの全てが、
    きっとスッキリすると思います。

    学習塾を経営している
    「教育資金を使わせる専門家」が、
    教育業界の隠された闇の部分を
    こっそりお教えいたします。


    ◎学習塾を経営している一風変わった
    ファイナンシャルプランナーとして、
    他の専門的な知識についても記載しております。
    先生メルマガ
    中学生でも理解できる様に噛み砕いて
    解説しておりますので、結構分かりやすいと評判です。


    そんな情報も合わせて生活にご活用頂ければ嬉しいです。


    ☆無料メルマガだけの特別コーナー☆
    1.全国のどなたでも実践可能な
    フロントローディング学習
    (飛び級)の具体的なチャレンジ法!
    2.勉強が苦手な生徒の復活実践法!
    3.コスパを徹底追求し尽した教材活用法!



    記載例
    <メルマガの目次(予定)>
    ①塾業界の実態
    ②お子さまには時間がない
    ③学習塾の違いについて
    ④そもそも学習塾って必要なの?
    ⑤学習塾にするタイミング(小学生)
    ⑥学習塾にするタイミング(中学生)
    ⑦自分よりもお子さまが勉強できない理由は?
    ⑧普通の学習塾ってどうなの?
    ⑨低学年から英会話って必要?
    ⑩自習室って必要?
    ⑪塾に行きたがらない姿は普通なのか?
    ⑫お子さまから「行きたい」という塾って?
    ⑬昔と今の違いを知っておこう
    ⑭学習塾選びにネットランキングはどうなのか?
    ⑮個別指導塾でやってはいけないこと
    ⑯環境作りを気にしているか?
    ⑰塾に通っている保護者様から聞きだすことは?
    ⑱塾選びの際に聞くべきことはただ一つ
    ⑲塾の立場になって塾を選ぶと
    ⑳入塾時にやっていることをみれば塾の良し悪しが直ぐにわかる

    ※上記の目次は一部にすぎません。


    そんな無料メールマガジンですが、
    ご活用いただけたら嬉しいです。


    タイトル:
    「どこかで誰かのヒロインになれ!」


    それぞれの世代お子さま向けに、その年齢で
    出来る対策などを細かく書いていますので、
    対象の年齢をクリックなされてご確認ください↓

    ==============================================
    <メルマガ会員の様からの応援メール>
    1:2019/02/7 (木)
    愛知県 N.N様
    こんにちは。
    いつも楽しみに読ませて頂いてます。
    ありがとうございます。

    うちには小2と2歳、二人の娘がいます。
    奥脇先生のメルマガを見始めてから、
    お陰様で親として教育の概念が
    急激に変わってきました。

    勉強になる内容ばかりですが、
    特に「なるほど!」と思ったのは、

    ・飛び級の重要性
    ・大手教育関連の多くは現学年に
    沿った学習しか出来ない

    ここはどう進めていくか、妻とも
    話し合っています。今までは、
    授業の予習と復習に時間を
    割いてきましたが、学校から帰り、
    就寝時間までのタイムスケジュールを
    見つめ直し、どう先に
    進めるかを考えていきます。

    幸い、今の授業内容に遅れを
    とっている感はありませんが、
    先を見ながらも自由時間や睡眠時間
    とのバランスも大切ですよね。

    下の娘への教育も含め、これからも
    参考にさせて下さい。

    今まで一度も返信せず、失礼しましたが
    毎回必ず読ませて頂いてます。

    これからもお願い致します。


    この様にお喜びの声も
    いただいております。
    ブログやツイッターなどオープンでは
    書けない情報も順序だててご紹介して
    おります。

    難しいと言われる専門的な研究結果
    などもできる限りわかりやすい言葉で
    解説をさせていただいております。



    対象の年齢をクリックなされてご確認ください↓

    ==============================================

    ☆食育に関しては
     この一冊で十分でしょう!
    -------------------------------------------------------------------------------------

    世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事


    エビデンスの研究を基に書かれた
    本当に究極と言える一冊です。

    -------------------------------------------------------------------------------------

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

←こちらで「奥脇紳五」をフォローできます!fb←お友達申請大歓迎です!

プロフィール

塾長 奥脇 紳五

エンドレスラーニング



通称名:奥脇紳五(オクワキシンゴ)

(本名:奥脇真吾←資格・法人代表時の名前)
会社名:㈱エンドレスラーニングバンク
実業:エンドレスラーニング経営 
完全リモート型
オーダーメイド式個別指導学習塾

有価証券等投資歴:20年以上
生命保険外交員歴:約6年
資格:FP技能士2級
目標:子どもたちが目標を持てる社会を作る
   ヒーローになる
実績:10年連続第一志望校全員合格
   ヤフオク出品約2100件連続[悪]評価なし
   プルデンシャル生命保険新人研修講師
出身:神奈川県平塚市
職歴:魚屋→お風呂屋→保険屋→学習塾/現在:塾長
経験: ママチャリで日本一周(131日間)
出版書籍: 生命保険バイブル

最新記事