FC2ブログ

記事一覧

教育のエビデンス(科学的根拠)の研究って一体なんのことなのよ

エビダンスとエビデンス

教育のエビデンス
(科学的根拠)の
研究って一体
なんのことなのよ!




日本中、出来れば人類の
お子様のお持ちの保護者さま
全員に知ってもらいたいことを
書いていきます。


まずは、
ジェームズ・J・ヘックマン教授
のエビデンス研究

についてです。


もし、このことを日本中の保護者さまが
知ることになれば、余裕で将来の不安
なんか吹っ飛んでしまうだろうと、私は
勝手に思っています。


そんな魔法のような話は
あるのかと言えば、


正直、
ある!
と断言して良いでしょう。


だって私もその研究を証明しつつ
ある一人ですからね。


もちろん出来る出来ないの制約は
沢山ありますが、もし保護者さまの
サポートによって、お子様みんなで
出来たら、キラキラ輝く未来が
必ず待っていると思うのです。


では、その話を進める前に、
世界の今の教育研究の流れを
ご説明しないといけません。


現在、世界の教育研究は、
エビデンス(科学的根拠)
を示すことが主流になっています。


簡単に書くと、同じ環境下で、
「A」と「B」の二組に分けて、
ある実験をした方(A)と
何もしなかった(B)に分けます。


何年にも亘って追跡調査をした結果、
将来効果の有る無しを調べることを
「エビデンス(科学的根拠)」
と呼んでいるのです。


そこで、分かりやすいのが
医学的なエビデンスだと思います。


例えば、病気の患者さん、Aには、
効果のありそうな薬を使い、Bには、
片栗粉などの偽薬を使って実験を
してみます。


そして、数年間に亘って、
その患者さんを追跡調査する
って感じです。


これが「エビデンス」の正体に
なります。


これを「教育」に取り入れていこうと
いうことが、主流になってきたのです。


エビデンスは、
数多くの被験者
(研究を受けた人々)は、
その方々の人生の集合体で、
数は少ないまでも
「歴史」言って良いでしょう。


これを格言に例えると、
オットー・ビスマルクの言葉に


愚者は経験に学び、
賢者は歴史に学ぶ。

とあります。


これをエビデンスを絡めると、
愚者は先生の経験や
ご近所の話に学び、
賢者はエビデンスに学ぶ。



だから、
<1>
一人の先生が経験則的に、
このパターンの生徒は、
その作戦でいけるはずだ。


<2>
ママ友が言うところの、
ご近所のお兄さんは、
こんな感じで勉強をしていたら、
有名校に合格できたらしい。


などの情報は、どうでも良いレベルだ
ということなのです。


こう考えてみると、
私の感覚のみ
卒業生が8年連続で全員合格した
ことについて、いろいろな書いて
いたとしたら、それって本当に
どうでも良いレベルの助言にしか
なっていないことになります。


専門家やご近所の方の経験も
「エビデンス」に該当するのですが、
レベルとしては最低レベル
なのです。


そのため世の中には、
「~人を教えたことがある」とか
「連続合格~年」とか、
「合格人数~人」とか、


本当にレベル感のやたら低い
「エビデンス」があふれているのです。


だから、学校の先生や、塾の先生の
言っている限られた世界の経験則
なんて、正直どうでも良い助言の
可能性が高いかも知れません。


ただ、きっと助言をくれる先生や
ご近所の方なども、保護者さまに
対して良かれと思って言って
くれているのでしょう。


そのため失礼な態度はして
欲しくないですが、そんなレベル
であるとわかった上で、
その方々の助言に耳を傾ける
必要があります。


それでは、どんな人からの助言で
あれば、耳を傾ける価値がある
のかと言うと、多くのエビデンスを
知った上で、教育の指導を
行っている先生の声です。


要は、エビデンスの研究結果を基に、
その検証を兼ねて、実践している
先生や講師の声に外なりません。


そんな人っているの?


と思われるかも知れませんが、
それは、保護者さまが直接、
先生などの助言者たちに
聞くしかないでしょう。


単純に
先生、どうしてこのような
ご指導をなされたのですか?

って。


例えば、そこで先生が、
シカゴ大学のヘックマン教授の
理論からいくと、~~~~~だから
です。


とお返事が返ってきたら、
合格といった感じです。


ちなみに当塾は、海外の研究などを
調べて、それを基に授業や教育指導を
行っています。


大学生のアルバイトの先生にも多くの
エビデンスを伝えて、生徒に接して
もらっています。


その検証も兼ねて、現場で実践を
してみた結果、卒業生が8年連続で
第一志望校に合格しているのです。


結果的に後から、海外の研究結果が
出てきたものもありますので、
必ずではありませんが・・。


このように世界中のエビデンスの
結果を踏まえて、日本中の
保護者さまがそれを実践して
いけば、お子様の可能性を
最大限に拡大させることが
出来るでしょう。


それが出来ているお子様に
なる訳ですから、将来自分の
目標を叶えていく可能性が
大いに高まっている筈です。


そうなれば、おのずと日本は
元気になるので、今後の不安なんて
勝手に解消されていくことでしょう。


だから、勉強に関して聞く相手が、
とっても、とっても大切になるのです!


話は長くなってしまいましたが、
そのエビデンスのある教育研究の
第一人者がノーベル賞を受賞した
「ジェームズ・J・ヘックマン教授」
という人物なのです。


ヘックマン教授だけではなく、
世界中にその研究をなされている
方が沢山いますので、今後は
その方々の研究結果をなども
ご紹介していきたいと思います。


エビデンスの大切さについて
お伝えができましたので、
次回は、第一人者の
ジェームズ・J・ヘックマン教授
の研究結果にフォーカスを
当てていきたいと思います。

    -------------------------------------------------------------------------------------


    ⇑⇑⇑⇑       ⇑⇑⇑⇑
    ①お子様の成績UP術
    ②最新の教育研究
    を日々チェック!


    -------------------------------------------------------------------------------------
    ☆子育て世代の方への
     無料メールマガジン
    -------------------------------------------------------------------------------------

    保護者さまが、心の中に少しでも

    ・今通っている塾に疑問がある
    ・学習塾ってどうなの?
    ・教育教材ってどうなの?

    とか思われるのであれば、
    無料のメールマガジンを
    読んでください。

    思われていることの全てが、
    きっとスッキリすると思います。

    学習塾を経営している
    「教育資金を使わせる専門家」が、
    教育業界の隠された闇の部分を
    こっそりお教えいたします。


    ◎学習塾を経営している一風変わった
    ファイナンシャルプランナーとして、
    他の専門的な知識についても記載しております。
    先生メルマガ
    中学生でも理解できる様に噛み砕いて
    解説しておりますので、結構分かりやすいと評判です。


    そんな情報も合わせて生活にご活用頂ければ嬉しいです。


    ☆無料メルマガだけの特別コーナー☆
    1.全国のどなたでも実践可能な
    フロントローディング学習
    (飛び級)の具体的なチャレンジ法!
    2.勉強が苦手な生徒の復活実践法!
    3.コスパを徹底追求し尽した教材活用法!



    記載例
    <メルマガの目次(予定)>
    ①塾業界の実態
    ②お子さまには時間がない
    ③学習塾の違いについて
    ④そもそも学習塾って必要なの?
    ⑤学習塾にするタイミング(小学生)
    ⑥学習塾にするタイミング(中学生)
    ⑦自分よりもお子さまが勉強できない理由は?
    ⑧普通の学習塾ってどうなの?
    ⑨低学年から英会話って必要?
    ⑩自習室って必要?
    ⑪塾に行きたがらない姿は普通なのか?
    ⑫お子さまから「行きたい」という塾って?
    ⑬昔と今の違いを知っておこう
    ⑭学習塾選びにネットランキングはどうなのか?
    ⑮個別指導塾でやってはいけないこと
    ⑯環境作りを気にしているか?
    ⑰塾に通っている保護者様から聞きだすことは?
    ⑱塾選びの際に聞くべきことはただ一つ
    ⑲塾の立場になって塾を選ぶと
    ⑳入塾時にやっていることをみれば塾の良し悪しが直ぐにわかる

    ※上記の目次は一部にすぎません。


    そんな無料メールマガジンですが、
    ご活用いただけたら嬉しいです。


    タイトル:
    「どこかで誰かのヒロインになれ!」


    それぞれの世代お子さま向けに、その年齢で
    出来る対策などを細かく書いていますので、
    対象の年齢をクリックなされてご確認ください↓

    ==============================================
    <メルマガ会員の様からの応援メール>
    1:2019/02/7 (木)
    愛知県 N.N様
    こんにちは。
    いつも楽しみに読ませて頂いてます。
    ありがとうございます。

    うちには小2と2歳、二人の娘がいます。
    奥脇先生のメルマガを見始めてから、
    お陰様で親として教育の概念が
    急激に変わってきました。

    勉強になる内容ばかりですが、
    特に「なるほど!」と思ったのは、

    ・飛び級の重要性
    ・大手教育関連の多くは現学年に
    沿った学習しか出来ない

    ここはどう進めていくか、妻とも
    話し合っています。今までは、
    授業の予習と復習に時間を
    割いてきましたが、学校から帰り、
    就寝時間までのタイムスケジュールを
    見つめ直し、どう先に
    進めるかを考えていきます。

    幸い、今の授業内容に遅れを
    とっている感はありませんが、
    先を見ながらも自由時間や睡眠時間
    とのバランスも大切ですよね。

    下の娘への教育も含め、これからも
    参考にさせて下さい。

    今まで一度も返信せず、失礼しましたが
    毎回必ず読ませて頂いてます。

    これからもお願い致します。


    この様にお喜びの声も
    いただいております。
    ブログやツイッターなどオープンでは
    書けない情報も順序だててご紹介して
    おります。

    難しいと言われる専門的な研究結果
    などもできる限りわかりやすい言葉で
    解説をさせていただいております。



    対象の年齢をクリックなされてご確認ください↓

    ==============================================

    ☆食育に関しては
     この一冊で十分でしょう!
    -------------------------------------------------------------------------------------

    世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事


    エビデンスの研究を基に書かれた
    本当に究極と言える一冊です。

    -------------------------------------------------------------------------------------

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

←こちらで「奥脇紳五」をフォローできます!fb←お友達申請大歓迎です!

プロフィール

塾長 奥脇 紳五

エンドレスラーニング



通称名:奥脇紳五(オクワキシンゴ)

(本名:奥脇真吾←資格・法人代表時の名前)
会社名:㈱エンドレスラーニングバンク
実業:エンドレスラーニング経営 
   (オーダーメイド式個別指導学習塾)
   *旧ペガサス花水校

有価証券等投資歴:約20年
生命保険外交員歴:約6年
資格:FP技能士2級
目標:子どもたちが目標を持てる社会を作る
   ヒーローになる
実績:8年連続第一志望校全員合格
   ヤフオク出品約1900件連続[悪]評価なし
   プルデンシャル生命保険新人研修講師
出身:神奈川県平塚市
職歴:魚屋→お風呂屋→保険屋→学習塾/現在:塾長
経験: ママチャリで日本一周(131日間)
出版書籍: 生命保険バイブル

最新記事